MENU

新興サスペンションブランドYSSがオフロード向けサスペンションユニットを

最新純正品質が惜しまず投入されたYSSのオフロード用サスペンションで走りが変わる!

YSSがオフロード向けサスペンションユニットの写真

細かな調整に対応するMRシリーズ

YSSブランドのオフロード向け最高峰モデルとなるMRシリーズ。本文紹介のサーモニードルやガイドピストンシステムのほか、スプリングプリロード無段階調整、圧側減衰は高/低速で各30段調整できる2ウェイ式、伸び側減衰も30段調整可能というフルアジャスタブル品。

ミニモトから450ccクラスまで、主要コンペティションモデル向けを揃える、純スポーツサスなのだ。

高い信頼性が要求されるOEM製品を手掛ける

YSSの創業は1983年のこと。著名サスペンションブランドの中では新興となるが、OEMサスとしてすでに多くのバイクメーカーに純正納入。2008年からは、輸入発売元のPMCがオン/オフ問わず、アフターマーケット製品として、広く日本国内に紹介してきた。

そんなYSSがオフロードモデル向け最高峰モデルとなるMRシリーズを発売。また、スプリングやバルブなど、周辺パーツも一挙にリリースしたのだ。

温度変化による減衰低下を抑制

メイン紹介のMRシリーズ・リアショックは、内蔵のサーモニードルがサスストロークによる温度変化を検知し、減衰力変化を抑えるほか、オフロード車ならではのロングストローク構造用に対し、嵌合を最適化して理想のストロークを実現する、ガイドピストンシステムを装備するなど、YSSの最新技術を惜しみなく投下する。

純正サスの性能をさらに高める

一方のスプリング&バルブといった純正置換パーツ群は、純正サスをチューニングして使うユーザーの多い、オフロード車ユーザーの傾向を見こんでのこと。こちらは手軽にYSSのエッセンスが体感できる製品群だ。これから本格的にオフ遊びを、と言うライダーからベテランまで、スポーツ派にはぜひ、その魅力を味わってほしい。

フロントフォークスプリング

YSSがオフロード向けサスペンションユニットの写真

フロントフォークの純正スプリングと置換して使用する、スポーツスプリング。最高級のシリコンクロム鋼による車種専用設計品で、国内外の主要コンペティションモデル向けが揃う。有効巻き数やピッチを緻密に設計したスプリングは軽量で、過酷な使用条件下でも経年変化が少ない高耐久性も特長だ。長くスペック通りのスプリングレートを発揮し続ける。

税込1万6500円(2本セット)

MXピストンKIT(リアショック用)

YSSがオフロード向けサスペンションユニットの写真

純正リアサスペンションをモディファイして使いたいライダーのための、主要コンペティションモデル向けピストンキット。純正サスに組みこめば、MXピストンが生み出すダンピングが効果的に働くことでサスストロークを安定化。トラクションが増して、スタビリティと同時にハンドリングも向上させる。なお、本品の組み込みには専門知識と技術が必要となる。

税込1万6500円

リアショックスプリング

YSSがオフロード向けサスペンションユニットの写真

国内外の125ccから450cc以上車用までラインナップするYSSのリアショックスプリングは、45kgから125kgまでライダーの体重に合わせて、車種別に各8種類のバネレートから最適な1本を選ぶことができる。YSSリアショックのセッティング変更用のほか、純正ショックの置換用もあるから、まずはここから気軽に変えてみるのもいいだろう。

税込1万2100円(モノショック用)

YSSがオフロード向けサスペンションユニットの写真

今回の一挙リリースについてPMCは「オフロードのフィールドでYSSのブランドイメージをより向上させたいため」と。

YSSがオフロード向けサスペンションユニットの写真

YSS本社はすでにオフロード・モータースポーツでの研究開発を数年前からスタート、モトクロス・エンデューロレースの過酷な使用条件でも安定した性能を保ち続けるショックを開発している。ここに紹介する製品群はまさにその成果なのだ。

YSS オフロードサスペンション

YSS MRサスペンションシリーズ

価格MR456(ピストン径φ45mm、スピンドルロッド径φ16mm)税込165,000円
MR366(ピストン径φ36mm、スピンドルロッド径φ16mm)税込148,500円

フロントフォークスプリング

価格税込1万6500円(2本セット)

MXピストンKIT(リアショック用)

価格税込1万6500円

リアショックスプリング

価格税込1万2100円(モノショック用)

PMCのウェブサイトはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

二輪用品店勤務、某メンテナンス雑誌の編集を経てフリーランスに。
得意分野はバイクの修理、メンテナンス。
最新のバイクや用品は疎いので絶賛勉強中。
所有車はYAMAHA VMAX1200、vespa V50S、YAMAHA zippy80×2台