フリーペーパー「モトメガネ」秋号配布中!CLICK!

レースのプロメカニックも厚い信頼を寄せるメンテスタンド「J-TRIP」

目次

J-TRIPのメンテスタンドが支持される理由は、自宅のガレージでも安心して使える信頼性の高さにあった!

J-TRIPのメンテナンススタンドは特にサーキットで目にする機会が多いが、ユーザーのほとんどはレースなどをしない街乗りメインのユーザーだという。そんな多くの街乗りユーザーがなぜJ-TRIPのスタンドを支持するのか。それは絶大な信頼性の高さと、使い勝手の良さによるものだろう。この信頼性の高さこそが街乗りユーザーにも支持されている理由だ。

レースの現場ではスピーディーさが重要。さらに絶対転倒してはいけない

レースシーンでメンテナンスを行う場合、当然ながら確実、スピーディーに行う必要がある。そのため、スタンドを差し込む際に製品の精度が低ければ手間取ってしまうし、うっかり触れてしまって車両が倒れるようなことは絶対にあってはならない。そんな確実、安全にメンテナンスを行うための信頼性がJ-TRIPのスタンドには備わっているのだ。

ブレーキキャリパーの整備の際は外したキャリパーがブラブラしてしまう。そこで固定用のフックを備えている。作業性の効率を配慮したJ-TRIPならではの装備だ。

「V受け」と「オタスケラバー」はスタンドアップの際に外してしまいやすいV受けを、ラバーでしっかりと結ぶことで外れないようにしている。

フロントを固定する際にステアリングステムの穴に差し込むが、車両によって径が異なる。そこで各種サイズを標準装備。このあたりの細かい配慮がJ-TRIPならではなのだ。

フロントスタンドを設置する際に、フロントフェンダーと干渉してしまうこともある。そこで干渉しやすい箇所にラバーを取り付けて傷つきを防ぐ。こういう細かい部分もJ-TRIPのこだわりだ。

耐久性が高く、長く使えるのもJ-TRIPメンテナンススタンドの特徴

J-TRIPのメンテナンススタンドは、壊れにくく長く使えるのも特徴だ。強度が必要な部分はしっかりと作り込み、破損しやすい部分についてはホームセンターなど身近なところでパーツを入手することができる。つまり、ユーザーのことを考えてコストをかけずに長く使えるものとしているのだ。自宅のガレージでも安全、確実にメンテできる。サーキットで培われたノウハウで安心してメンテできる。これぞJ-TRIPのメンテナンススタンドの真骨頂だろう。

高さを調整するダイヤルと受けの部分はあえてプラスチック製としている。これは何度も使用しているうちに締め込みによって割れてしまうのを防ぐためだ。万一破損しても最寄りのホームセンターなどで入手できる。

ローラーは回転精度や耐久性が高いものを採用している。ここがダメになってはスタンドとして使えなくなるからだ。

フロントスタンドとリヤスタンドを重ねて移動することができる。こういったこだわりもJ-TRIPスタンドの特徴だ。

レースのプロメカニックも認めるJ-TRIPの高い信頼性

千葉にある「Sサプライ」の畑中健太郎さん

J-TRIPのメンテナンススタンドについて、話を伺ったのは「Sサプライ」のプロメカニック畑中健太郎さん。「レースメカニックは、ライダーと同様に作業スピードが要求されます。加えて車両を安定して支えないといけない。また、壊れずに長く使えることも重要です。これまで長年使ってきましたが、我々ユーザーの声を確実にフィードバックしてくれるJ-TRIPのスタンドへの信頼感は厚いですね。」と語っていただいた。

レース用車両のメンテナンスをはじめ、街乗りの一般車両も対応してくれる。
プロのレースメカニックならではの目線でエンジン整備も対応してくれる。

「Sサプライ」では、現在、レースやサーキット走行を行うライダーのサポートだけでなく、街乗り車両や足代わりのスクーターまで幅広いメンテ、修理、持ち込みタイヤ交換などに対応している。プロメカニックに作業を依頼できるのは安心だ。

取材協力:Sサプライ  千葉県四街道市鹿放ヶ丘238-2 Sサプライのウェブサイトはこちら

J-TRIPのウェブサイトはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる