MENU

転倒時のダメージ軽減と良好なフィット感、操作感を両立させたhit-airのライディンググローブGlove M11とGlove G8

hit-airライディンググローブの写真

アクシデントから手を護る安全追求ライディンググローブ

バイクに乗るときに欠かせない装備にはヘルメットやブーツがあるが、決して忘れてはならないのがグローブである。たとえ原付にちょっと乗るだけであっても、必ずグローブは装着したいものだ。

転倒時は軽い立ちゴケ程度であっても反射的に手が出るものである。その時に素手であれば、負傷は免れないのは言うまでもない。速度が出ていればさらにグローブの重要度が増すのは明白だ。なるべく安全性に重きを置いたグローブを着用したいものである。

今では国内外の白バイに広く正式採用されており、その効果が実証されているエアバッグジャケットである。世界に先駆けてエアバッグジャケットを開発、商品化に成功したのが無限電光のhit-airだ。同社のエアバッグジャケットの詳細は下のリンクの記事を参照いただきたい。

エアバッグジャケットのhit-airではライディンググローブもラインナップ!

hit-airのグローブは、ライディング専用として操作性やフィット感が優れているのはもちろんだが、そこは同社の商品らしく安全性に重きを置いた製品造りが光っている。

最も特徴的なのが掌底(手のひらの手首に近い部分)に設けられた3つのスライダー(ケブラーパッド)である。

この部分にプロテクターを入れて厚めに造ってあるのがライディンググローブとしては一般的である。たしかに転倒すれば最も先に地面に接する部分ではあるのだが、素材を厚くして衝撃吸収性を持たせたとしても、速度によっては素材の厚みだけでは如何ともし難い衝撃が加わるのは想像に難しくない。

そこで、スライダーによって衝撃を緩和しつつ、滑らせていなすというのが、3つのケブラーパッドの役割なのだ。これならば、事故や転倒による想定外の衝撃を直接肉体に伝えることなく、ダメージの軽減が期待できる。

常にライダーの安全性に視点を置いた製品づくりは、同社のエアバッグジャケットと同時に、高い信頼性を持ったものだ。是非、hit-airのライディンググローブに注目してみていただきたい。

CE規格をクリアしたナックルプロテクター採用のメッシュグローブGlove M11

hit-airライディンググローブの写真

CEナックルプロテクターを採用したショートメッシュグローブ。 新品時から柔らかな山羊革とメッシュの組み合わせで良好な操作性を実現。

hit-airライディンググローブの写真

バイクの運転中、手は複雑に動いているし、それぞれ果たす役割が違うため、掌部分は、要所で異なる素材が組み合わせられている。指の間はストレッチ素材が使われており、指の自由度が高い。

hit-airライディンググローブの写真

スリーポイントプロテクターによって、より効果的に護りを固める。親指の付け根部分には耐久性と耐摩耗性を両立させた特殊素材(スーパーファブリック)が使われる。

hit-airライディンググローブの写真

掌の指の付け根部分には耐摩耗性に優れつつ、滑りにくい合成皮革が使われる。ハンドルグリップの感覚がダイレクトに伝わってきて、操作性は非常に良好。

hit-airライディンググローブの写真

柔らかい素材だからこそ、レバーの感覚も得やすく、繊細なレバー操作が可能だ。

hit-airライディンググローブの写真

CE規格EN13594をクリアしたナックルプロテクターを採用。頑丈な護りだが、軽量だし操作の違和感を抱くことは無かった。

hit-airライディンググローブの写真

怪我をしやすい指関節部分はカーボンPUパッドで護られる。レバー操作で使用する人差し指と中指の第二関節部にはラバーパッドを装備する。

hit-airライディンググローブの写真

手首部分にはカーボンPUパッドを装備。ロゴの刺繍が入れられている。

hit-airライディンググローブの写真
hit-airライディンググローブの写真

人差し指と親指の先端はスマートフォンを操作できる素材が使われる。グローブをしたままスマホ操作が可能だ。

カラーバリエーションは写真のブラックライムグリーン、ブラックホワイトの他、ブラック、ブラックレッドの4色展開。サイズはM / L / XL / 2XLとなる。

Glove M11

colorブラックライムグリーン、ブラックレッド、ブラックホワイト、ブラック
SizeM / L / XL /2XL
Material山羊革、メッシュ(ポリエステル)、カーボン PU、Heavy Lycra(伸縮性ナイロン)、Chamude(合成皮革スエード)
価格7,920円(税込)

手首を広く保護する3シーズン対応グローブGlove G8

hit-airライディンググローブの写真

CEナックルプロテクターを装備し、手首まで広く保護するGlove G8。ストレッチ素材が使われていて、着脱もしやすく手の動きも非常に自由度が高い。

hit-airライディンググローブの写真

先に紹介したM11と同じく掌部分には様々な素材が使われている。手首のアジャストベルト部にはフラップのカバーが付いている。

hit-airライディンググローブの写真

正三角形に配置されたトライアングルプロテクター。ハンドルを握る際には邪魔にならない絶妙な位置に配置される。

hit-airライディンググローブの写真

レバーの操作性も良好で、細かなブレーキやクラッチ操作も意のままに行うことができる。

hit-airライディンググローブの写真

指関節部分はレザーパッドで保護される。カラーバリエーションによって色が違うのでデザインアクセントにもなっている。

hit-airライディンググローブの写真

拳部分はCE規格をクリアした衝撃吸収材ナックルプロテクターで保護される。

hit-airライディンググローブの写真

人差し指と親指の先端はスマホ操作対応している。

カラーバリエーションは写真のブラックホワイト、ブラックレッドの他、ブラックとなる。サイズバリエーションはS / M / L / XL / 2XL。

colorブラックホワイト、ブラックレッド、ブラック
SizeS / M / L / XL / 2XL
Material山羊革、Spandex (伸縮性ポリエステル),Heavy Lycra (伸縮性ナイロン),Chamude (合成皮革スエード)
価格7,920円(税込)

無限電光(hit-air)のウェブサイトはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

二輪用品店勤務、某メンテナンス雑誌の編集を経てフリーランスに。
得意分野はバイクの修理、メンテナンス。
最新のバイクや用品は疎いので絶賛勉強中。
所有車はYAMAHA VMAX1200、vespa V50S、YAMAHA zippy80×2台