フリーペーパー「モトメガネ」秋号配布中!CLICK!

豊かなトルクでグングン走る!待望のSP忠男製ハンターカブ用マフラー登場

SP TADAO HONDA CT125ハンターカブ PURESPORTカーボン

価格:79,200円(税込)

発売以来、大人気となっているホンダ・CT125 ハンターカブだが、カスタムマフラーの名門、SP忠男から待望の新製品が登場した。
この新作のマフラーは「最高に気持ちイー!走り」をコンセプトに開発され、テスト走行を繰り返してようやく完成したこだわりの逸品だ。当初、SP忠男ではこのCT125ハンターカブ用マフラーを発売する予定はなかったそうだが、多くのハンターカブユーザーからのリクエストに応えるために開発が始まったという経緯がある。
そんなマフラーだけに、その完成度は非常に高い。サイレンサーのアウター部分にはカーボンが使用されており、レーシーな雰囲気を演出。ループで長さを稼いだエキゾーストパイプもカスタムマフラーならではの美しい仕上がりとなっている。
排気サウンドにもしっかりこだわっていて、規制をクリアしながらカーボン特有のマイルドなサウンドを実現している。
肝心の走りは、一速高いギアで悠々と走れるトルクを発揮してくれるので、まさに「気持ちイー!走り」を味わえるマフラーと言えるだろう。

見た目の美しい仕上がりもカスタムマフラーならでは!

エキゾーストパイプは超軽量のステンレスを採用。サイレンサーにはカーボンを使用している。

エキゾーストパイプの設定を極限まで追及。細いパイプと太いパイプを組み合わせ、走行テストと測定器でトルク特性を確認しながら開発が進められた。

高速域のパワーを考慮し、サイレンサー内部の構造をかつてないほど追い込んで開発が行われた。その結果、気持ち良い加速で、最高速まで伸びていく。

「忠さんのマフラー開発奮闘記」が面白くて役に立つ!!

SP忠男のホームページでは、これまで開発されてきたマフラーなどの開発の様子が詳しく掲載されている。どの部分にこだわって開発を行ったのか、どこが苦労したのかなどが面白おかしく書いてある。愛車のマフラー選びをする時に読めば役に立つこと間違いなしだ。

SP忠男のウェブサイトはこちら

忠さんのマフラー開発奮闘記はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる