MENU

自分仕様のツーリングバッグを作ろう♪ツーリングの自由度が広がること間違いなし。そう、ヘンリービギンズの「キャンプシートバッグ システム」ならね!

バイク用のツーリングバッグは今や多くの種類が発売されているが、自分の用途にぴったりなサイズや形のものは意外と少ないのが実情だ。そんな悩みに答えてくれるのが、デイトナから発売された「ヘンリービギンズ キャンプシートバッグ システム」だ。このバッグがどのように悩みを解決してくれるのか、詳しく紹介していこう。

キャンプシートバッグ システムの概要

HenlyBeginsシートバッグ最高峰「PRO」シリーズゆずりの高機能が特徴。メインとなるのは容量65ℓのボックス形状をしたソフトバッグ(税込17,600円)。底面・前後面の補強パネルと金属ワイヤーがバッグの剛性を確保するほか、生地には高強度のポリエステルを採用している。●サイズ:H350×W550×D350(mm) ●最大積載重量:14kg
●本体重量(付属品込):3.8kg

前面、背面、そして側面には「PALSテープ」を装備。これによって自由にカスタムすることができるのがこのバッグの大きな特徴だ。Dリングも背面に装備しており、機能性をアップ。
使用しない時はコンパクトに折りたたむことができる。ツーリングバッグは容量があるのでかさ張りがちだが、これなら場所を取らずに収納が可能だ。

5種類のオプションポーチを装備すれば使い方は無限大だ!

<オプションのポーチ>小さいサイズから、DH-755 システムポーチ(税込1,650円)、DH-752 システムポーチ(税込1,870円)、DH-756 システムポーチ(税込1,980円)、DH-753 システムポーチ(税込2,200円)、DH-754 システムポーチ(税込2,750円)

オプションのポーチを装着すると一気に機能性が高まる!

5種類のオプションポーチを標準装備したコンプリートセットもラインナップ!(DH-750C:税込28,050円)

付属品は、固定ベルト、ショルダーベルト、レインカバー。ポーチにはそれぞれ2つのカラビナが装備される。
ポーチの装備によって容量が増えることで、これだけの荷物を積載することができる。これならキャンプもラクラクだ!

各ポーチにはベルトが装備されており、それをバッグに装備されているPALSテープに通して固定する。自分の好みの位置に好みのポーチを装着することが可能で実に便利だ。

PALSテープにベルトを通して装着した状態。しっかりと固定されるので荷物の出し入れもしやすい。
ベルト固定に加えてさらにカラビナを使用して装着すれば、走行中の脱落防止にもなるので安心だ。

車両への取り付けも簡単なので旅先でスピーディに脱着できる!

バッグの底面には赤いテープが装備されており、これをシート後端を差し込めばコンパクトなシートでも固定可能。中央の特殊ノンスリップシートは幅広い車種でずれ防止が可能。連結ベルトを使えば負荷の掛かった状態でも荷崩れしない。

付属のベルトを使用して車体にしっかり固定する。前側はピリオンステップのステーなどに通して固定する。後側はナンバーステーの下側を通して固定する。

バッグは両サイドが開閉可能なので、荷物の出し入れがしやすい。65ℓもの容量があるのでフルフェイスヘルメットでも余裕で収納することができる。

縦長のポーチには600ml程度のペットボトルが入る。
大きめのポーチにはカッパなどを収納できる。

HenlyBegins キャンプシートバッグ システムの装着例

リヤシートが小さい車両でも取り付けが可能だ!

今回取り付けを行ったのはヤマハ MT-03。レーサーレプリカのYZF-03をカウルレスにモデルゆえにリヤシートが小さいため取り付けられるバッグも限られる。しかしHenlyBegins キャンプシートバッグ システムであればMT-03でもバッチリ装着することができた。

バッグの底辺にあるテープをリヤシート後端に差し込み、付属のベルトで固定すれば一切ぐらつかない。キャンプ用品などをたっぷりと詰め込んでも安心して走れる。

<ヤマハ MT-03の場合>

ライダー側に出過ぎないちょうど良い位置に固定することができた。
ポーチを取り付けてもバッグの幅は650㎜程度に収まるので、全幅が755㎜のMT-03ならまったく問題なし。

<ホンダ CT125 ハンターカブの場合>

DAYTONA_HenlyBegins_キャンプシートバッグ システム

HenlyBegins キャンプシートバッグ システムのウェブサイトはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

クルマ雑誌、ツーリング雑誌の編集を経てモトメガネのWEB&フリーマガジンの編集に携わる。これまでツーリングは温泉宿派だったが、キャンプブームで屋外泊にハマりつつある。所有車はZONTESカフェレーサー125Vというマニアックな1台。