圧倒的なコスパ!公道走行可能な電動キックボードがこの仕様でこの値段!

スタンダードモデル 新型eXs1 メーカー希望小売価格:49,280円(税込)
オフロードモデル 新型eXs2 メーカー希望小売価格:79,860円(税込

新型eXs1/eXs2ともに前後ディスクブレーキやサスペンションを備えて安定した走りを実現!もちろん公道走行可能だ!

以前、MotoMeganeでも紹介するやいなや、注目度抜群だった電動キックボードの「eXsシリーズ」。発売後はすぐに完売してしまい入手困難となった。そんなeXsシリーズに待望のニューモデルが登場することが決定!バージョンアップしてより魅力的になっているとのこと。先日、予約受付開始のニュースをお届けしたが、今回は市販直前の画像を入手!バージョンアップの内容はどんなものなのか。その内容についてお届けしていきたい。

スタンダードモデル 新型eXs1の主な特徴

入手した画像を見たところ公道走行を行うのに必要なヘッドランプ、ウインカー、ミラーが装備されているが、ニューモデルでは、LEDのウインカーの形状と取り付け位置が変更されているのが分かる。またフロントにディスクブレーキが装備されたことに加え、フロントサスペンションも装備されたことで、公道走行でも安定して安全に走れるようになっていると思われる。事故が懸念されている電動キックボードだけに、この点は大きなメリットだ。

プレスリリースでも案内されている特徴は以下の通り。

・フロントサスペンションを新装備&リヤサスペンションで衝撃を吸収し、上質な乗り心地を提供
・ノーパンクタイヤを新たに装備し走破性を向上 
・フロントディスクブレーキ(新装備)&リヤディスクブレーキで安心の制動力を確保
・ヘッドランプ、テールランプ、ウインカー、ナンバー灯にLED を採用
・折り畳みはレバー1つで簡単に操作が可能
・6ヶ月保証

新型eXs1は、その他にも350Wのパワフルモーターによって最高時速25km/h、登坂能力は最大勾配15度を実現している。これは、このモデルだからこそ実現できた特徴だ。ノーヘルで乗れる簡易な電動キックボードとはモノが違うと言えるだろう。

フロント、リヤの画像も入手。LEDのヘッドライト、テールライト、ウインカーの装備によってスタイリッシュに見える。

ナンバーステーにLEDウインカーとテールライトを装備。リヤディスクブレーキの採用で高い制動力が期待できる。
親指で操作するスロットル、前後ブレーキレバー、ウインカースイッチなどが機能的に配置されている。

【SPEC】サイズ:展開時/長さ1080㎜×幅480㎜(ハンドル幅)×高さ1310㎜(ミラー含む)、折り畳み時/長さ1080㎜×幅480㎜(ハンドル幅)×高さ480㎜、タイヤサイズ:8.5インチ、充電所要時間:約3~5時間、走行可能距離:18~25km、モーター定格出力:350W、搭載バッテリー:36V7.5AH、重量:14kg、最大荷重:120kg、走行モード:2段階切り替え、登坂能力:最大勾配15度、ブレーキ:前輪(ディスクブレーキ+電子ブレーキ)/後輪(ディスクブレーキ)

オフロードモデル 新型eXs2の主な特徴

10インチの大径ブロックタイヤを履いているのが新型eXs2の特徴だが、そこは従来モデルから引き継がれている。オフロード走行で威力を発揮する前後サスペンションや前後ディスクブレーキも継続して標準装備。従来モデルでも高い走破性を発揮していただけに、ニューモデルでも期待が持てる。新装備としては、前後タイヤに補修しやすいチューブレスタイプを採用した点、そしてLEDウインカーの装着位置が変更されたという点だ。

新型eXs2のプレスリリースの内容は以下の通り。

・10インチ大径ブロックタイヤは 修理しやすいチューブレスタイプを新装備
・前後サスペンション採用でオフロードでの走行安定性を向上
・前後ディスクブレーキを装備し、高い制動力を実現
・視認性に優れたコントロールパネルで3段階の走行モード切り替えが可能 
・ヘッドランプ、テールランプ、ウインカー、ナンバー灯にLEDを採用
・ハンドルを折り畳めてコンパクトになるので車内への積載も可能 
・6ヶ月保証

新型eXs2は、500Wのパワフルモーターを装備し、さらに3段階のモード切り替えが可能。これにより最高時速35km/hとしているが、公道では原付扱いなので30km/h以上は出すことはできない。とは言うものの、それだけパワフルなモーターを装備していると言うことだ。充電時間も最大7時間なので、寝ている間に充電しておけば翌日たっぷりと走ることが可能だ。

リヤディスクブレーキを装備するほか、ナンバーステーにLEDテールライト、ウインカーなどが備わる。

本格的なフロントサスペンションを装備している。大径タイヤは画像では普通のタイヤだが、実際の完成品ではブロックタイヤが採用されるようだ。
リヤサスペンションの装備で路面からの衝撃を吸収しオフロードでの走行性能を向上。強度の高そうなサイドスタンドも装備。

【SPEC】サイズ:展開時/長さ1200㎜×幅600㎜(ハンドル幅)×高さ1160㎜(ミラー含む)、折り畳み時/長さ1200㎜×幅600㎜(ハンドル幅)×高さ390㎜、タイヤサイズ:10インチ、充電所要時間:約5~7時間、走行可能距離:35~40km、モーター定格出力:500W、搭載バッテリー:48V12.5AH、重量:23.5kg、最大荷重:120kg、走行モード:3段階切り替え、登坂能力:最大勾配20度、ブレーキ:前輪(ディスクブレーキ)/後輪(ディスクブレーキ)

注意!電動キックボードで公道走行するには、原付免許とヘルメットが必要だ!

新しいモビリティの形として注目されている電動キックボードだが、その使用ルールについて間違った認識が広まっているのが現状だ。自治体が実施している実証実験などでノーヘルで走っている映像や画像などが各種メディアで流れているが、あれは特殊な許可を得て実現したもの。今の道路交通法では電動キックボードは原動機付自転車に分類されるので、基本的に原付免許が必要となる。要は原付バイクに乗るのと同じということだ。

新型eXs1/eXs2は公道走行に必要なスペックと装備を備えているので、安心して公道で乗ることができる。もちろんナンバーを取得するための登録と、自賠責保険への加入は必要だ。ナンバーは市役所で取得・登録が可能。自賠責保険の加入はコンビニでも可能だ。一見面倒くさそうに思えるが、やってみると意外と時間もかからず、一般的にはその日のうちに手続きは全て完了し、公道走行が可能となる。

新型eXs1/eXs2ともに現在予約受付中! 初回ロットわずか、早めの注文がおすすめだ!

新型eXsシリーズは、2021年8月12日から予約を開始している。商品発送は9月下旬頃予定。初回ロットはすでに残り僅かとのこと。気になる人は早めに注文をした方が良さそうだ。予約はこちらから。

カテゴリー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる