MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

米国EVバイクメーカーのベクトリクスが国内初の直営旗艦店をオープン!

VECTRIX Tokyo Ginza Gallery
  • URLをコピーしました!

アメリカのEVバイクのパイオニア「VECTRIX(ベクトリクス)」が、2022年10月3日(月)に国内初のメーカー直営旗艦店として『VECTRIX Tokyo Ginza Gallery』をプレオープンする。

フルラインナップをEVとする同社が、東南アジアを中心としたマーケット向けに開発した、小型商用BEV『I-Cargo』のプロトタイプも展示予定だ。

目次

“小さな主役が物流の未来を変えていく” ラストワンマイルの救世主。EVメーカー『VECTRIX』が 国内初の直営旗艦店となる『Tokyo Ginza Gallery』を10月3日オープンへ !

株式会社VECTRIX JAPANは2022年4月1日、フルラインナップをEVとするメーカー『VECTRIX』の日本国内における輸入元総代理店として設立され、2輪・3輪・4輪の「スモールモビリティ・カテゴリー」へのEV製品の提供と、国内部品センターの運営を行う。そして来る10月3日(月)には、東南アジアを中心とした今後の展開の旗艦店『VECTRIX Tokyo Ginza Gallery』が、初のメーカー直営店として営業を開始する。

『VECTRIX(以下、ベクトリクス)』は、1996年米国ロードアイランド州で誕生した電動バイクのパイオニアで、早くから2輪カテゴリーのゼロ・エミッション推進を牽引しているEVメーカーとして、クラス最高峰の構成のEVスクーター を製造してきた、高い認知度を誇るトップブランドだ。

今年、私たちはこれまで培ってきた知識と技術、併せて本社機能をスタートアップの聖地であり、“アジアのビジネス・ハブ”と呼ばれるシンガポールに移すことで経営資源を集約し、『新生ベクトリクス』として東南アジアを中心としたマーケット展開を加速する。その推進力となるのが 、新たに開発した画期的な小型商用BEV『I-Cargo』だ。
カーボンニュートラルが声高に叫ばれる社会的な機運の下、深刻なドライバー不足に代表される“ラストワンマイル”の 課題に悩む物流業界にとって、まさに救世主となるこの小型商用BEVは、10月3日(月)にプレオープンする『ベクトリクス』直営の旗艦店『VECTRIX Tokyo Ginza Gallery』にプロトタイプが展示される予定だ。

VECTRIX Tokyo Ginza Gallery


旗艦店の店舗デザインは、海外4輪・2輪メーカーの日本国内店舗展開プロジェクトの多くを手掛けるアーバンスクエア株式会社(東京都渋谷区)が監修し、“未来・環境・デジタル・クリーンなエネルギー”を表現している。

VECTRIX Tokyo Ginza Gallery プレオープン
日時:10月3日(月)10:00〜18:00
住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-5-2
TEL:03-6264-5995
FAX:03-6264-5996

​新開発の小型商用BEV『I-Cargo』

“小さな主役が物流の未来を変えていく”
脱着可能な「交換式バッテリー」を採用し、普通自動車免許で運転できる『I-Cargo』は、クルマのように傾かない安定設計。バイクでもない、クルマでもない、互いのメリットを融合させた全く新しいカテゴリーのこの小型商用BEVは、“誰にでも簡単に操作できるEV”として開発された。
また現在、物流業界で大きな問題となっている“ラストワンマイル配送”の課題解決にも大いに貢献すると期待されている(画像は開発中のモックアップモデル)。

リリース提供元:株式会社VECTRIX JAPAN

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 
VECTRIX Tokyo Ginza Gallery

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次